食欲の秋は家で惜しいアレを食べましょう

食欲の秋になりました!お肉を食べたいと思ったら家焼き肉。ただしホットプレートはダメです。カセットコンロで多少煙たくなったとしてもガッツリじっくり焼きましょう。火力こそが焼き肉で最も大事なポイントなのです。

焼き肉が美味しくなる秋がやってきました。焼き肉といえば炭火焼きオンリーとか叙々苑とかいう人はそっとブラウザバックで帰ってください。

焼き肉といえば家焼き肉でしょう。我が家で人目を気にせずがっつりお肉三昧というのが家焼き肉の醍醐味なのです。

そしてちょうど気温も下がってきて熱々系の料理が美味しい季節です。これはもう家焼き肉でお肉を堪能する準備をしないわけには行かないでしょう!

家焼き肉カセットコンロの火力が必需品

最近電化ブームの煽りで完全電化的なのがおしゃれと思われています。いやいやいや、電化だけがおしゃれなのではありません。ガスの力は偉大です。

家焼き肉でお肉の品質保持にはガスの力が偉大なのです。ガスという手軽に手に入る高い火力の源を最もありがたく感じられるのがガスなのです。

家焼き肉をするんであればまずは高い火力と焼いてすぐ食えるを実現できるカセットコンロを購入するのです!欲を出せば、火力を効率よく伝えられる焼肉用のプレート付きがベストでしょう。

火力が高いからと言って高温調理はナンセンス

焼き肉をする上で、大事なのはテンポ、これはたしかにあります。1ターンの間に食べるお肉の絶妙な量と箸休めのタイミングを測りながらできるのが家焼き肉の最高のパターニングです。

そのため高温調理でさっと焼いてさっと食べて箸休め的な展開が好まれますが、肉の旨味を最大限に引き出すには弱火熟成焼きが必要なのです。じっくり火を通すことで、肉全体に均一に火が通り、柔らかさを維持しつつ焼き上げることが可能なのです。

家焼き肉では弱火でじっくり肉を焼き上げる、これが重要なのです。