詐欺にあったら損するだけ

国内バイナリーオプションと海外バイナリーオプションを比較すると、海外バイナリーオプションは詐欺被害が多いという結果が出ます。海外バイナリーオプション同士の比較を開始すると、バイナリーオプションを通した利益の比較ばかりになりますが、その前に、まずなによりも詐欺業者かどうかの比較を読む必要があるでしょう。

バイナリーオプション規制から逃れている海外バイナリーオプションは、規制がないぶん「利益」というものをもとにした取引が可能になります。
海外バイナリーオプションと国内バイナリーオプションを、バイナリーオプション比較してみると、海外バイナリーオプションは国内バイナリーオプションに比べて「投機性が強い取引になる」ということがわかります。

比較の順番を間違えているバイナリーオプション比較に注意

「利益」を追求した「投機性が強い取引になる」ということから、海外バイナリーオプション同士のバイナリーオプション比較は、「いかに儲かるか」ということを基準にした比較がされやすい傾向にあります。
しかし、海外バイナリーオプションのバイナリーオプション比較において、何よりも重要なのは「儲かるかどうか」ではなく「詐欺被害があるかどうか」です。
「儲かるかどうか」というバイナリーオプション比較は、本来もっとも比較されなければならないポイントであるところの「詐欺被害があるかどうか」を隠蔽し、霞ませることもあります。

海外バイナリーオプションの選択には警戒が必要である

「詐欺被害があるかどうか」を踏まえたうえでバイナリーオプション比較をしていて、それから「儲かるかどうか」の比較に入っていれば、多少なりそのバイナリーオプション比較も信用できるかと思いますが、そうでない場合は、比較以前の問題なのではないかと思われます。
海外バイナリーオプションは、国内バイナリーオプションと比較すると詐欺被害が多いので、口座を開設し、取引を開始する前に、情報を丹念に読み込むのを忘れないようにしましょう。