バイオプもFXも業者の殿様商売なので注意を。

バイナリーオプションもFXも業者の殿様商売が成り立つ日本。業者の不当な扱いにも耐えられるような投資取引を心掛けるようにしましょう。日本の業者はずる賢く、卑怯なところが多いのです。利益をなかったことにされる前に対策を!

FXでも、バイオプでも、日本の業者で始めるんだったら、常に口座凍結のリスクを考えておきましょう。

海外の業者者取引を性格に実行しているので、客が勝てばマージンも有利的な感じなんですが、日本のこれらの投資金融タイプの業者は、注文を受けたからと言って、必ずしもその取引アクションを実行に移しているわけではないんです。

これのせいで、業者的に困ったことになった場合に問題になった口座凍結で解決するなんて言うことがあるため、要注意なんです。

”投資家の保護”は元金程度

バイナリーオプションやFXでは投資家の保護として金融庁があれこれ規制を張っていますが、取引利益が守られる、というわけではないんです。

ハッキング被害にあった仮想通貨業者が投資家に元々あった資金の100%を返金しないというのが社会的に何故か許されていることからわかるように、金融庁は業者には甘いんです。

なので、FXとかバイナリーオプションでも受けまくっていると、その取引を実際には行っていなかった場合、多額のお金を業者が負担して投資家に払う必要性が出てくるわけで、その額が大きければ大きいほど、業者の経営が圧迫されるわけです。

どう考えても安全策を取って取引を行わなかった業者が悪いにもかかわらず、口座凍結~元金返還という事になってしまうわけです。

なぜこれがまかり通るのか

基本的に日本の法律ではこういった不正でも民事として扱われるため、弁護士費用等が掛かるのです。

なのでそんな無駄金と時間を使って取り戻すようなことではないと損切りするのが投資家で、業者もそれを分かっていてどうせ何もしないだろと高をくくってそういった悪質なやり方をするわけです。

最近ではトレーダーが業者を訴えて業者の完全敗訴という結末が出ていたりして、多少は業者も警戒しているようですが、まだま業者都合の悪徳処理案件は多いようなので気をつけましょう。